相続遺言基礎知識

相続人とその法定相続分

「相続は、死亡によって開始する。」と民法に定められています。
そして、相続人は、相続が開始すると、亡くなった方の財産に関する一切の権利・義務を原則として受け継ぐことになります。
では、誰が相続人になるのでしょうか?

まず、配偶者(夫又は妻)です。
そして、子がいる場合は子です。
もし、相続開始時に子が亡くなっていた場合や相続権を失った場合は、子の子、つまり亡くなった方の孫が相続人(代襲相続人といいます。)になります。
子の代襲相続は、直系に限り、孫、ひ孫、やしゃごと代襲されます。

もし、子(又は子の代襲相続人)がいないときには、亡くなった方の父母(父母が亡くなっている場合は祖父母)が相続人になります。
父母、祖父母もいない場合には、亡くなった方の兄弟姉妹が相続人になります。
兄弟姉妹も代襲相続しますが、亡くなった方の甥、姪までです。

相続人が数人いるときは、相続財産は共有になります。そして、共同相続人は、その相続分に応じて、亡くなった方の権利・義務を受け継ぎます。

法定相続分は、相続人が誰かによって変わります。(以下は、昭和56年以降の相続についてです。)

●相続人が配偶者(夫又は妻)と子の場合・・・各2分の1

(例)相続人が夫、長女、前夫との間の子の場合、
夫が2分の1、子2人が2分の1を等分に相続するため、それぞれ4分の1

ただし、非嫡出子(婚姻関係にない男女から生まれた子)は嫡出子の2分の1

(例)相続人が妻、長男、婚姻関係にない女性との間の子の場合、妻が2分の1、長男と非嫡出子が2分の1を2:1の割合で相続するため、長男が3分の1、非嫡出子が6分の1

※最近、事案によっては嫡出子と非嫡出子の法定相続分を平等とする裁判例があります。

●相続人が配偶者(夫又は妻)と父母(祖父母)の場合・・・配偶者3分の2、父母(祖父母)3分の1

(例)相続人が夫、父、母の場合、夫が3分の2、父母が3分の1を等分に相続するため、それぞれ6分の1

●相続人が配偶者(夫又は妻)と兄弟姉妹の場合・・・配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1

(例)相続人が妻、兄、妹の場合、妻が4分の3、兄妹が4分の1を等分に相続するため、それぞれ8分の1

ただし、父母の一方のみ同じ兄弟姉妹は、父母の双方が同じ兄弟姉妹の2分の1

(例)相続人が夫、父母が同じ姉、父だけ同じ弟、母だけ同じ妹の場合、夫が4分の3、姉弟妹が4分の1を2:1:1の割合で相続するため、姉が8分の1、弟と妹がそれぞれ16分の1

相続、遺産分割についてわからないことや心配なことがありましたら、弁護士に相談されることをおすすめいたします。

047-472-4530相談のご予約はこちら

相続の発生した場合生前対策をお考えの方

  • 相続の基礎知識
  • 相続と遺産分割
  • 相続人とその法定相続分
  • 遺産分割調停
  • 遺言書の作り方
  • 家事事件手続法とは
  • 相続遺言マメ知識
  • 相続問題マメ知識
  • 事務所関連メニュー
  • 手続き費用
  • 相談の流れ
  • よくあるご質問
  • 事務所概要
  • 相談のご予約
  • 弁護士紹介

当事務所へのアクセス


大きな地図で見る

〒274-0825
千葉県船橋市前原西
2丁目13番13号大塚ビル5F

JR津田沼駅北口 徒歩2分

法律問題について詳しく
牧野法律事務所