相続遺言基礎知識

相続と遺産分割

「相続は、死亡によって開始する。」と民法に定められています。
相続は、自動的に始まるものなのです。相続人は、相続が開始すると、亡くなった方の財産に関する一切の権利・義務を原則として受け継ぐことになります。権利だけではなく、借金などの義務も受け継ぐことにご注意下さい。
ところで、亡くなった方の財産を受け取るのは、相続人だけではありません。遺言書で遺贈の指定がある場合、遺言による贈与(遺贈)を受ける、受遺者が出てきます。遺言は、遺言者が亡くなったときから、効力を持つようになり、そのときから、遺言で指定された人は指定された財産を取得することになります。ただし、受遺者は、遺言者が亡くなってから、いつでも、遺贈を放棄することができます。

では、受遺者が亡くなってしまったときはどうなるのでしょうか。遺言者が亡くなる前に受遺者が亡くなったときは、遺贈されません。受遺者の相続人が受遺者の代わりに受け取ることはできません。

相続人が複数いる場合、相続財産は共有となります。そして、各相続人は、その相続分に応じて、亡くなった方の権利・義務を受け継ぎます。それから、相続人は、遺産分割において、具体的な分割方法を決めます。遺産分割は、相続人が話し合わないと、始まりません。なお、分割方法は、民法に書かれている相続分と違っていても、相続人間の合意があれば、問題はありません。
相続人間で遺産の分割方法が決まったら、遺産分割協議書を作成しましょう。不動産の相続登記や銀行での手続きなどで必要となりますので、各相続人の住所、氏名の記入と実印を捺して、印鑑登録証明書を添付しましょう。その際、不動産は登記簿謄本に書かれているとおりに記載し、預貯金の口座なども間違いがないようにしましょう。
相続人間で分割方法が決まらないときや、相続人間で話し合いができないときは、家庭裁判所に遺産分割の調停または審判を申し立てることになります。

相続手続きには、いくつか期限が設けられていますが、遺言によって制限されていない限り、遺産分割はいつでもできます。
相続、遺産分割についてわからないことや心配なことがありましたら、弁護士にご相談されることをおすすめいたします。

047-472-4530相談のご予約はこちら

相続の発生した場合生前対策をお考えの方

  • 相続の基礎知識
  • 相続と遺産分割
  • 相続人とその法定相続分
  • 遺産分割調停
  • 遺言書の作り方
  • 家事事件手続法とは
  • 相続遺言マメ知識
  • 相続問題マメ知識
  • 事務所関連メニュー
  • 手続き費用
  • 相談の流れ
  • よくあるご質問
  • 事務所概要
  • 相談のご予約
  • 弁護士紹介

当事務所へのアクセス


大きな地図で見る

〒274-0825
千葉県船橋市前原西
2丁目13番13号大塚ビル5F

JR津田沼駅北口 徒歩2分

法律問題について詳しく
牧野法律事務所